演奏会

新進演奏家育成プロジェクト

リサイタル・シリーズ

新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズTOKYO65
文化庁岩倉孔介ピアノ・リサイタル

 
2017年9月20日[水曜日] 19:00開演(18:30開場)岩倉孔介ピアノ・リサイタル

東京文化会館 小ホール
アクセス (外部サイトが別ウインドウで開きます)

 


┃出演者
  • ピアノ:岩倉孔介

┃曲目
  •   
  • ベートーヴェン ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13“悲愴”
    武満 徹 ピアノ・ディスタンス
    リスト ダンテを読んで~ソナタ風幻想曲
    シューベルト ピアノソナタ 第21番 変ロ長調 D.960
          
  •  
    
 
岩倉孔介 Kosuke IWAKURA/ピアノ
1983年東京生まれ。
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て、桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業。同大学研究科を修了後渡独。ベルリン芸術大学ピアノ専攻を卒業後、リューベック音楽大学大学院修士課程ピアノ専攻を最優秀の成績で修了。
かずさアカデミア音楽コンクール、バルチック国際ピアノコンクール(ポーランド・グダンスク)を始めとする国内外のコンクールに入賞及び入選。ウィーン・メロス音楽研究所よりメロス賞受賞。東京、横浜、ベルリン、ハンブルクを始め、各地でリサイタ ルを開催。
在学中は、ベルリン芸術大学音楽祭にて「ショパンをめぐるポーランド・ピアノ音楽」企画及び演奏出演、ベルリン・リヒャルト・ワーグナー協会主催レクチャーコンサート出演、ベルリン芸術大学主催東日本大震災のための慈善コンサート出演。リューベック音楽大学主催ベートーヴェン・ツィクルスに出演。
帰国後、横浜市内において音楽学・音楽史と演奏に関する講演会を定期的に開催。2016年神奈川県青葉区フィリアホールにて帰国後初となるピアノリサイタルを開催し、好評を博す。2017年5月には、在カンボジア日本大使館、カンボジア芸術大学及び三菱商事、全日空、KDDI等各社の後援でプノンペンにて数回のリサイタルとレクチャーを開催。
また指導者として後進の育成にも力を注いでおり、大学で講師を務める他、日本各地でマスタークラスを開催している。
これまでにピアノを山田朋子、加藤伸佳、竹内啓子、パスカル・ドゥヴァイヨン、村田理夏子、コンスタンツェ・アイックホルストの各氏に、室内楽をトーマス・ブランディス、クリストフ・コーラーの各氏に師事。マスタークラスにてヴィレム・ブロンズ、クラウス・ヘルヴィッヒ、エリック・ハイドシェック各氏らの薫陶を受ける。またピアノ教授法をマンフレッド・アウスト氏に、音楽学をザーシャ・レムケ氏に師事。
現在、武蔵野音楽大学非常勤講師、東京成徳短期大学非常勤講師。全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員、日本演奏連盟正会員。
 
岩倉孔介

 
┃チケット
 
  全席自由
料金 ¥2,500
  •  
  • ◇申込み方法
  •  公益社団法人 日本演奏連盟 03-3539-5131
    (平日10:00~18:00・土日祝は休み)
     WEB予約はページ下部[チケットの申込みへ]から


    ◎日本演奏連盟へのご送金方法
     電話/WEB予約のうえ、1週間以内に下記いずれかの方法で先にご送金ください。
     ご入金確認後、チケットをお送りいたします。なお、お振込手数料はご負担ください。


    【郵便振替】
     00120-3-176681 公益社団法人 日本演奏連盟
    【銀行振込】
     みずほ銀行 虎ノ門支店 (普)No.1994687 公益社団法人 日本演奏連盟
    【現金書留】
     〒105-0004 東京都港区新橋3-1-10 石井ビル6階 公益社団法人 日本演奏連盟
  •  



┃主催 文化庁/公益社団法人 日本演奏連盟
┃制作 公益社団法人 日本演奏連盟
┃後援 /一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
    桐朋学園音楽部門同窓会/株式会社エルフラット

文化庁委託事業<平成29年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業>
 

岩倉孔介より

 今回は東京文化会館というホール、そしてヤマハ様のバックアップにより、私の望む音色に完璧に調整されたCFXで演奏できることをとても楽しみにしております。
 
 プログラムはシューベルトの「ロマン主義的な」大規模なソナタを中心に、ベートーヴェン自身による標題を持つ「悲愴ソナタ」、標題音楽的要素を持ちつつ単一楽章のソナタでもある「ダンテを読んで」と、ソナタ形式の作品で構成されています。また各ソナタの間に武満と休憩という「空間」が挟み込まれています。ソナタを作曲した3人の作曲家は、ウィーンに於いてサリエリ門下であったという不思議な共通点を持ち、そして19世紀初頭のドイツロマン主義音楽を牽引する原動力となりました。
 本来古典派を代表する様式であるソナタ形式と新しい思想であるロマン主義が、時代の変わり目に存在した3人の作曲家たち各々のアイディアによって融合されていく様子が描かれています。
 
 皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 

【 チケット購入ページについて 】チケット購入ページに進む前に下記の点にご注意ください。

推奨ブラウザ
  • Internet Explorer 7以降
  • Firefox バージョン 16以降
  • Google Chrome バージョン 22以降
クッキーについて
チケット購入ページでは、クッキーを使用しております。
正しくご利用していただくため、お使いのブラウザにてクッキーを受け取れる設定にしてください。
(初期状態では受け取る設定となっています。)
JavaScriptについて
チケット購入ページでは、JavaScriptを使用しております。
ご使用されているブラウザ設定でJavaScriptを無効にされている場合、
正しく表示されない、または正しく機能しないことがございます。
チケット購入ページをご利用の際には、JavaScriptを有効にしてください。
(初期状態では有効となっています。)
Webからのチケットお申込みはこちら