演奏会

新進演奏家育成プロジェクト

リサイタル・シリーズ

新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズTOKYO103
文化庁入川 舜ピアノ・リサイタル

2021年8月26日[木曜日]19:00開演(18:00開場)
お客様の混雑を避けるため、開場時間を1時間設けております。



入川舜ピアノ・リサイタル東京文化会館 小ホール
アクセス (外部サイトが別ウインドウで開きます)


 


┃出演者
  • ピアノ:入川 舜

┃曲目
  • L.v.ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
    J.ブラームス 4つの小品 op.119
    F.ジェフスキ 「不屈の民」変奏曲
     
  •  


  • 入川 舜 Shun IRIKAWA/ピアノ
    静岡市出身。東京藝術大学音楽学部ピアノ科卒業、同大学院研究科修了。文化庁海外派遣研修員として、パリ市立地方音楽院とパリ国立高等音楽院修士課程でピアノ伴奏を学ぶ。
    高瀬健一郎、寺嶋陸也、辛島輝治、迫昭嘉、A.ジャコブ、J−F.ヌーブルジェの各氏に師事。パリ・シャトレ座はじめフランス各地やスイスで演奏するほか、オーケストラとの共演、室内楽、コンクールや講習会での演奏、録音など、活発な活動を行っている。
    「静岡の名手たち」オーディションに合格。神戸新聞松方ホール音楽賞、青山バロックザール賞(依田真宣(Vn)、内田佳宏(Vc)両氏とのピアノトリオとして)を受賞。
    日本人作曲家の作品を蘇らせたCD「日本のピアノ・ソナタ選」をミッテンヴァルト社より発売、文化庁芸術祭参加作品となる。
    2011年デビューリサイタルを開催。以後も、ドビュッシーのエチュード全曲など意欲的なプログラムでリサイタルを行う。
    ラヴェルアカデミー(フランス)にて歌曲クラスの伴奏助手。パリ市立地方音楽院でピアノ講師と伴奏ピアニストを務めた。
    現在、 オペラシアターこんにゃく座のピアニストを務める。渋谷・美竹清花さろんにて、「バッハを辿る」コンサートシリーズを進行中。横浜・馬車道ピアノサロンでもコンサートシリーズを継続している。東京藝術大学非常勤講師。
    公式ホームページ:https://shunirikawa.work/

     
    入川舜


     
  •  


  •  

 
┃チケット
 
  全席指定
料金 ¥2,500
  •  
  • ◇申込み方法
  •  公益社団法人 日本演奏連盟 03-3539-5131
    (平日10:00~18:00・土日祝は休み)
     WEB予約はページ下部[チケットの申込みへ]から


    ◎日本演奏連盟へのご送金方法
    電話でご予約の場合
     →1週間以内に下記いずれかの方法で先にご送金ください。
      ご入金確認後、チケットをお送りいたします。
      なお、お振込手数料はご負担ください。

    【郵便振替】
     00120-3-176681 公益社団法人 日本演奏連盟
    【銀行振込】
     みずほ銀行 虎ノ門支店 (普)No.1994687 公益社団法人 日本演奏連盟
    【現金書留】
     〒105-0004 東京都港区新橋3-1-10 石井ビル6階 公益社団法人 日本演奏連盟


    インターネットでご予約の場合
     →下記のお申込みよりご予約ください。会員登録が必要です。
      1週間以内にセブンイレブンにてご送金ください。
      ※支払い期限(ご予約後1週間以内)を過ぎると自動的にキャンセルとなり
       ますので、予めご了承ください。
      ※セブンイレブンでのお支払いの際、
         予約手数料165円(税込)/予約発券手数料110円(税込)/枚
       が発生しますので、予めご了承ください。
      ※申込み内容の変更、返金は一切不可です。


 

┃主催 文化庁/公益社団法人 日本演奏連盟
┃制作 公益社団法人 日本演奏連盟

文化庁委託事業<令和3年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業>

 

入川舜より

ドイツ音楽の巨匠2人が、その晩年に到達した境地は、個人の内面性を表す世界でした。ベートーヴェンもブラームスも既存の形式を踏襲しながら、それによる強固な秩序よりも、自由に、心の赴くままに音を書き連ねているように感じます。
フレデリック・ジェフスキ(1938〜2021)の「不屈の民」変奏曲(1975)は、演奏時間1時間に及ぶ大作ですが、ここには何か目新しいものはありません。しかし、それまでクラシック音楽が生んだたくさんのスタイルが、変奏の中に現れてきます。そこには、「こうでなくてはならない」よりも、「これもまたおもしろい」と思える自由な感覚のほうが大切なのかもしれません。
クラシック音楽は、理論に裏打ちされた厳格なもの、という見方が大多数ですが、やはり音楽にしかない自由な表現をすることが、私にとっても演奏する上での大きな目標です。
「おもしろいもの」を、最大限お伝えできるように、この演奏会に臨みたいと思います。
(追記:6月末に「不屈の民」変奏曲の作曲者F・ジェフスキ氏が逝去されまし た。最近まで旺盛な創作活動を繰り広げていたということで、驚きを禁じえませ ん。8月のリサイタルでは、闘争やエネルギーというものだけでなく、作曲者の ユーモアへ到達することを目標にしたいと思います。)

 


<新型コロナウィルス感染症防止対策へのご協力をお願いします>
・会場内ではマスクを常時着用し、咳エチケットへのご協力をお願いします。
・入場時に体温チェックを行います。
・次の条件に該当される方はご来場をお控えください。
 ①37.5度以上の発熱がある。
 ②咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、味覚・嗅覚障害、
  眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐の症状がある。
 ③新型コロナウィルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある。
 ④過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域
  への訪問歴、及び当該在住者との濃厚接触がある。
・会話はなるべくお控えください。
・ブラボー等の掛け声もお控えください。
・終演後出演者との面会・出待ち等はお控えください。(面会時間は設けておりません。)
・プレゼント・花束等の持ち込み・お渡しはお控えください。
・万が一クラスターが発生した場合、お客様のお名前とお電話番号を保健所に情報提供をする可能性があります。
 予めご了承ください。

チケットの申込みへ