演奏会

増山美知子奨励ニューアーティストシリーズ

平成30年度後期増山美知子奨励ニューアーティストシリーズ
H.ヴォルフ ≪イタリア歌曲集≫
              





2019年2月8日(金)15:00開演/19:00開演
横浜市イギリス館

入場料:一般¥3,000  

ソプラノ:橘田有美
バリトン:田中俊太郎
ピアノ:石塚幸子
                              


 H.ヴォルフ ≪イタリア歌曲集≫
 

 橘田有美(きった ゆみ)
神奈川県出身。小学生の頃より、小田原少年少女合唱隊にて研鑽を積む。
フェリス女学院大学音楽学部声楽学科を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程(独唱)修了。
在学中、学内オーディションにより、藝大定期第343回  藝大フィルハーモニア合唱定期演奏会 シューマン『楽園とペリ』にてソリストを務める。
宗教曲では、ラター『レクイエム』、ヴィヴァルディ『グローリア』等のソリストを務める他、オペラでは、モーツァルト《フィガロの結婚》花娘役、プッチーニ《修道女アンジェリカ》オスミーナ役、三枝成彰《KAMIKAZE》等に出演。
第25回友愛ドイツ歌曲(リート)コンクール一般の部入選。
これまでに声楽を、桑原妙子、朝倉蒼生、佐藤ひさらの各氏に師事。
現在はドイツ歌曲を中心にコンサートを企画、出演する他、フランス、ロシア等の歌曲にも幅を広げている。

 田中俊太郎(たなか しゅんたろう)
島根県出身。バリトン。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程独唱専攻、同大学院博士後期課程修了。博士(音楽)の学位を取得。声楽を森山秀俊、福島明也、ジャンニコラ・ピリウッチ、林康子の各氏に師事。英国オールドバラ音楽祭においてイギリス歌曲のマスタークラスを受講。宗教曲ではJ.S.バッハ《ヨハネ受難曲》《ロ短調ミサ》、G.F.ヘンデル《メサイア》《エジプトのイスラエル人》、F.J.ハイドン《天地創造》、G.ヴェルディ《レクイエム》等でソロを担当。オペラではドニゼッティ《愛の妙薬》ベルコーレ、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》タイトルロール、G.ヴェルディ《椿姫》ジェルモン、《仮面舞踏会》シルヴァーノなどを演じる。また、ルイージ・ノーノ《ガルシア・ロルカの墓碑銘》等の現代曲や、ソンドハイム《In to the woods》などのミュージカル作品にも取り組む。2017年度、三菱地所賞受賞。フェリス女学院大学非常勤副手。

 石塚 幸子 (いしつか さちこ)
東京音楽大学付属高等学校、同大学ピアノ科卒業。同大学院器楽科鍵盤楽器研究領域修士課程修了。これまでに、松永律子、菊池麗子、野中正、菅野雅紀の各氏に師事。
2000年ポーランドクラクフ管弦楽団とコンチェルト共演、2001年第12回彩の国埼玉ピアノコンクール銀賞受賞。同年チェコのオストラヴァにてチェコ国立放送管弦楽団とコンチェルト共演。2008年第10回ショパン国際ピアノコンクール inASIA神奈川大会金賞受賞。2010年ニース夏期国際アカデミーにて、ダルトン・ボールドウィン氏の「声楽とピアノのためのクラス」ディプロマ取得。2014年ビトント市(イタリア)にて音楽祭「SETTIMANA SANTA A BITONTO」に参加、宗教曲のコンサートピアニストと、オペラ《La Bohéme》の稽古ピアノを務める。2016年ウィーンにてK.リヒター氏のマスタークラス(リート伴奏)受講、ディプロマ取得。
高校生の時にオペラの世界に魅了されて以来、在学中より声楽伴奏を中心に数々のコンサートに出演、また現在はコレペティとしても、活動している。