日演連について

設立の目的・活動

設立の目的

公益社団法人日本演奏連盟は、クラシック音楽の演奏家及び演奏業務に携わる人相互の連絡提携の場となり、技能、教養を伸ばし、音楽芸術の昂揚と文化の発展に寄与するとともに、演奏家及び演奏業務に携わる人の利益擁護と福祉厚生を図ることを目的に設立されました。

活動

演奏活動の推進と音楽普及のための事業

新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・シリーズ(旧・日演連推薦/新人演奏会)
<文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」>
地域の音楽振興と新人演奏家の発掘を目的とした演奏会。各地域の音楽大学、音楽団体、教育者等の推薦を受けた応募者の中からオーディションにより出演者を決定し、地域のプロ・オーケストラとの協演の機会を提供しています。
年間6公演/札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡で開催。
新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズ(旧・演連コンサート)
<文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」>
リサイタル開催を希望する新人演奏家を広く公募し、その中からオーディションによって選ばれた新人演奏家にリサイタル形式による演奏会の場を提供しています。
年間/
札幌 2公演(札幌コンサートホールKitara小ホール)
東京 10公演(東京文化会館小ホール)
名古屋 2公演(電気文化会館ザ・コンサートホール)
京都 1公演(京都コンサートホール小ホール)
大阪 4公演(いずみホール)
大分 1公演(iichiko総合文化センター音の泉ホール)
新進演奏家育成プロジェクト 公開マスタークラス
<文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」>
世界のトップクラスの指導者を招聘し、新進演奏家に指導・助言を与えてもらう公開マスタークラスを開催しています。
新進演奏家育成プロジェクト 新進芸術家海外研修員コンサート
<文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」>
文化庁新進芸術家海外研修員として、海外で研鑽を深めた若手演奏家に対し、その成果披露のための演奏の場を提供しています。
年間2公演/東京オペラシティ・リサイタルホール
都民芸術フェスティバル クラシック音楽部門 <東京都助成>
毎年1月~3月に行われる都民芸術フェスティバルの中で、オーケストラ、室内楽、日本の歌、オペラ公演を開催しています。
日本演奏連盟クラシックフェスティバル
日本演奏連盟会員を中心に、多くの演奏家が一堂に会するフェスティバルを年1回開催しています。
山田康子奨励・助成コンサート
日本演奏連盟会員が主催する演奏会に対して助成しています。
年間6公演
増山美知子奨励ニューアーティストシリーズ
若い演奏家の本格的自主公演に対して助成しています。
年間5公演。
日本演奏連盟の後援名義使用承認
会員のリサイタル及び室内楽等、また連盟が認める催事に対して、日本演奏連盟の後援名義の使用を常任理事会で審査のうえ承認しています。
コンサート・アシスト
若い演奏家の自主リサイタル開催等を事務的にサポートする事業を行っています。
宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟 新進演奏家国内奨学金制度(給付型)
特定非営利活動法人イエロー・エンジェル宗次德二理事長から支援を得て、プロのクラシック音楽の演奏家を志す全国の優秀な生徒・学生・若手演奏家に対し、教育機関での学業費用または国内での研修費用等を支援する奨学金制度(返済不要の給付型)を実施しています。

国際交流等に関する芸術活動の提携、推進のための事業

文化庁新進芸術家海外研修制度応募書類の受付
文化庁の依頼を受け、芸術家の海外研修制度の応募書類提出先団体として、同制度の広報及び受付業務に協力しています。
【文化庁ホームページ】 http://www.bunka.go.jp/
演奏家の海外派遣への協力
国際交流基金等の要請に応じて、演奏家の海外派遣に協力しています。

出版及び調査研究のための事業

「演奏年鑑」の刊行
<文化庁委託事業「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」>
クラシック音楽関係事項を主とした年鑑(全国のホールで公演した演奏会記録、公演統計、人名録等を収録)を刊行しています。
機関紙・月刊「えんれん」の発行 (全会員に配布)
日本演奏連盟の活動状況と音楽界情報の周知を目的として発行しています。
会員名簿の発行 (全会員に配布)
日本演奏連盟全会員を掲載した名簿を年1回発行しています。
世界の国際音楽コンクールの募集要項収集と情報提供
関連団体が行う音楽関係調査への企画参加及び協力

演奏家の利益擁護活動

著作隣接権の利益擁護のための活動
文化庁の指定を受けた芸団協・実演家著作隣接権センターCPRAが徴収・分配し、演奏家権利処理合同機構MPNを通じて行われる著作隣接権諸権利の報酬分配について、情報提供を行う等、演奏家の著作隣接権の権利擁護活動を推進しています。
また、MPNに設置されたクラシック委員会の中心メンバーとして、クラシック部門の報酬分配のためのデーター収集、調査、確認、照会等を実施しています。
芸術文化の公共予算の拡大と文化環境整備のための活動
芸術家会議、東京都芸術文化団体協議会、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協)等の一員として、国及び地方自治体に対して文化予算の拡大、文化環境の整備充実を働きかけています。
日本演奏連盟が加盟している関連団体
芸術家会議(43団体が加盟)
東京都芸術文化団体協議会(8団体が加盟)
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(69団体が加盟)
一般社団法人演奏家権利処理合同機構MPN

会員の福祉厚生に関する事項

会員のための税務相談
確定申告の時期(2月下旬~3月上旬)に顧問税理士による確定申告無料相談会を行っています。
会員のための法律相談
演奏及び演奏業務に携わる行為等により法律問題に直面した場合、顧問弁護士による法律相談を仲介しています。