日演連について

ごあいさつ

公益社団法人日本演奏連盟 理事長 伊藤京子 Kyoko Ito Chairman of the Board
Japan Federation of Musicians
 日本演奏連盟はおよそ半世紀前の1965年7月12日、それまで個々に活動していた日本のクラシック音楽の演奏家879名が、日本演奏連盟という名のもとに集い産声をあげました。
 当時を振り返りますと、カラーテレビの本放送が開始され、また東京オリンピック開催、東海道新幹線開業といったまさに日本が大きく変貌を遂げた時代であり、演奏家の結集という出来事は、そうした時代の要請であったとも言えると思います。
 以来、当連盟は演奏家の利益擁護のため、また次世代の演奏家を育成しクラシック音楽文化の種を日本の津々浦々で開花させるため、全国規模で活動を展開してまいりました。
 お蔭をもちまして創立50周年を迎え、会員数は3,400名を超える国内有数の団体に成長しました。これもひとえに音楽を愛する全国の皆様のご支援の賜物と心より感謝を申し上げます。
 この50年の歴史の中で、私たちは東日本大震災という未曽有の大災害を経験し、東北地方に癒しがたい大きな爪痕が残りました。ここに亡くなられた多くの方々、また被災された方々、そして現在も避難生活を余儀なくされている方々に心からお見舞いを申し上げます。
 私たち演奏家のできることは限られていますが、音楽を通して社会に貢献することを使命と考え、日々の活動に努めるとともに、音楽が明日への活きる力となるよう今後も幅広く活動してまいる所存で御座居ますので、何卒ご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。